【いよいよ終了?】私がmnp活動で、金銭的な利益以外に得た3つの事

携帯プラン

こんにちは、julepです。

この9月末、スマホの契約をしておりました。
巷によく言う「携帯乞食」ってやつですね。

キャリア間を電話番号を保持して移転する、
モバイルナンバーポータビリティ、通称mnp。

これにより巨額のキャッシュバックを得る活動が、
問題視されたために、
10/1から2年契約縛りの廃止、
違約金大幅ダウン、
端末の大幅な値引き禁止と
次々法改正が入る事になったのは
皆さんよくご存知かと思います。

世間的にはあまりよく言われないこのmnp活動ですが、
個人的には、非常に得るものが多く、
本当にやってよかったと思っています。

これまでの振り返りも込めて、
それらを列挙してみようと思います。

きっかけは機種を安く使いたい思い

3年前、活動を始めるまでは、
「えっ名前聞いたことない中国メーカーなんて論外、
やっぱりシャープでしょ」という感じで
ガラケーから離れられず、
思いっきりソフトバンクの養分様。

節約家の夫に促され、
iijmioに乗り換えて、
まずは1万円ほどの機種、
フリーテルのpriori2を買いました。

ゲームを良くするようになり、
スペックに物足りなさを感じてきて、
もっといい機種がほしい、でも高い…

そうだ、乗り換えならいい機種が安く手に入るかも!と
2台買っておいたソフトバンクのプリペイド携帯(シンプルスタイル)を
mnpしたのが最初です。

mnp活動で得たもの①決断力が鍛えられた

まずはau ガラケー(gratina4g)などの、
機種は安いけれども
キャッシュバック(CB)自体が大きい案件を狙いました。

関西は幸い、店側の利益になるような
有料コンテンツを契約させる案件が少なく、
その辺は初心者が慣れるのにぴったりだったと思います。

案件探しはツイッターでの宣伝店舗への電話でしたが、
見つけた時にはもう売り切れ…という事がままあり、
何となくで探すと非常に時間を食います。

なので、大体この機種でこのCBなら即予約すると、
自分の中で基準を決めて探しました。

これが、決断力の底上げに役立ちました。
より良いものを探しているとキリがないので…

もっといい条件があれば、
店舗に連絡して条件UPを交渉するワザも、
後々になって知りました。

mnp活動で得たもの②【最重要】メルカリなどの個人売買ツールを使いこなせるようになった

その後、au gratina4gの後続である
gratina kyf37が、購入サポート(後述)に入り、
一年契約が必須に。
1人5回線しか持てないのに、一年も枠が空かなくなり、
一気にガラケー案件の魅力がなくなりました。

ここで、高額なスマホ本体を
CBつきで入手する方向へ、
活動をシフトチェンジします。

それに伴い、お金を得るためには
スマホの販売が必須になりました。

でも関西の買取屋って足元見てるのか
本当買取値が安すぎ!
個人売買の方がまだなんぼか儲かる…!

私はこのような感じで、メルカリデビューしました。

(その後、いい買取店の探し方も知り、
今は併用しています)

なお、評価がないと、
メルカリではものが売れません。

今のところ、取引実績200程度で、
評価も良好で、
これといったトラブルには巻き込まれていません。
心がけを、いずれまとめたいと思います。

mnp活動で得たもの③概算で収支がわかり、案件を冷静に分析できる様になった

更に回数を重ねていくと、
大体の一月の費用がわかるようになってきます。

つまり、au以外の会社(uq、ワイモバイル、ソフトバンク、iijmioなど)でも、
大体の費用が読めるわけです。

こうなるともうしめたもの。

案件のツイッターや、5ちゃんねる、
ラインのオープンチャットから、
有益な情報を流して頂けるので、
それに従い、au以外にも手を拡げました。

2つ前に使っていた端末は、
ocnモバイルone で入手したzenfone4max。

1つ前の端末は、
iijmioで入手したoppo r15 neo。

そして、今の端末は、
UQモバイルから頂いたoppo r17 neo。

いずれも一括ゼロ以上で手に入れており、
性能にも非常に満足しています。

違約金への不要な恐れがなくなった

ところで、キャリアを解約するときに恐ろしいのが、
違約金をいくら払わされるかわからないこと。
昔の養分時代の私もそうでした。

何のことはない、
2年契約の10000円以外は、
機種の残り代金を払っているだけなんです。

例えば先程挙げたauの購入サポートの様に、
決められた期間、きちんと使う代わりに
本体代金を割り引くというもので、
一年使わないと、かなりの額の違約金を、
普段の2年契約の違約金以外に払わさせられます。

それを知らずに最初契約するから、
解約時の違約金の額に驚くのです。

これを知ってから、私は「購入サポート」と呼ばれる類の割引を、
一切避けるようになりました。

なお「購入サポート」は、10/1の法改正により
スマホについては消滅しましたが、
実はガラケー、タブレットに関しては残っています。

仕組みさえわかっていれば、iPadなどで大きな割引を受けられるので、
ご興味がある方は、以下のページをご覧ください。

タブレットau購入サポート | キャンペーン | au
タブレットau購入サポートのページ。auのスマートフォン・携帯電話のキャンペーン情報をご紹介します。

陸マイラー活動にも活かせている!

この収支を事前に計算する癖、
陸マイラー活動にもとても役立っています。

一年半、陸マイラー活動をして、
今年のお盆に、飛行機代の手出し無しで、
アメリカに家族四人で旅行してきました。
またその事も、記事にしたいと思います。

まとめ…自分が契約しようと思うものの仕組みを知らないと、絶対に損!

一応、今の端末からしばらく買い換える予定もないので、
mnp活動も、そろそろ潮時かな…とは感じていました。

なので、この法規制は個人的にはいいタイミングでした。
少し残念ではありますが。

とりあえず、何となくこういう活動を「怖いな」と思って敬遠する、
そこのあなた(うちの親も含む)に告げたい!

何となくしか知らずに契約してしまう事の方が、
どれだけ恐ろしいか。

間違ってもいい、自分で計算してみる。

キャリアが自分に有利にしようと、
わかりにくくするのは当然のことなので、
まずは、自分が契約しようとするものの概算を計算する、
計算にわかりにくいものは外す。

ちょうど2年契約については違約金がなくなるこのタイミング。

私もまだ勉強中ですが、
とりあえずauの違約金1000円の新プランに変更してきました。

現行プランから月額2000円アップですが、

10月…2000円
11月…4000円+違約金1000円

の方が、

10月…2000円
11月…2000円+違約金10000円

より、確実にオトクと踏んで。

違ってもいいんです。
自分で計算し判断した結果は、
自分の知識になるので。

今からじゃちょっと遅いかもしれませんが(笑)、
mnp活動、とてもお勧めです。
またこんな祭りが、いつか来てくれる事を願って…

タイトルとURLをコピーしました